データでみる婚活コラム

結婚したい人が減っているわけじゃない!

2015/8/17

18~39歳未婚者の結婚願望

様々な職業、趣味、考え方が普及し、生涯独身でもいい!と考える人が増えている?と思うことはありませんか?
およそ30年前1982年(昭和57)と結婚意思を比較すると男性は9.6ポイント、女性は4.8ポイント減少しているものの、18~39歳未婚者の9割弱が「いづれは結婚するつもり」と回答するデータがあります。

決して結婚したい人が増えているわけではありませんが、82年と比べて大きな差はなく、晩婚化しているだけで、結婚したくない、考えていない人が増えているわけではないことがわかります。

「未婚者の生涯の結婚意思」出典:平成25年版 厚生労働白書「第2節 結婚に関する意識」より

いつ結婚したい?

  • ある程度の年齢までに結婚するつもり
  • 理想の結婚相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない

「いづれは結婚するつもり」と回答した未婚者に上記、2択を回答してもらうと、バブル世代が30代前後の頃には、「ある程度の年齢までに結婚するつもり」と回答した人が上回っていたが、2000年代に入ると、「理想の結婚相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」と回答する割合が増え、内容を重視した結婚願望をもつ人が増えていることがわかります。

「結婚意思をもつ未婚者の結婚に対する考え方」出典:平成25年版 厚生労働白書「第2節 結婚に関する意識」より

昔に比べ娯楽、趣味、価値観も多様化し、本当に自分に合うパートナーを見つけて結婚を考える人が多くなっています。

平均希望結婚年齢は上昇している

結婚したい人は減っていない!では、一体何歳で結婚したいと考えているのでしょうか。「いずれ結婚するつもり」と回答した未婚者に希望する結婚年齢を聞いたデータがあります。

未婚者の平均希望結婚年齢
  男性 女性
1982年 28.3歳 25.6歳
1997年 29.3歳 27.4歳
2010年 30.4歳 28.4歳

男女ともに、年々、希望結婚年齢が上昇し2010年では男性が30.4歳、女性も28.4歳と上がっています。

さらに、夫妻が初めて出会った時の平均年齢は、夫25.6歳、妻24.3歳と上昇し、
出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年。
夫妻が25歳までに出会う割合は、夫の場合約半数、妻では約6割という結果。昔に比べ、お見合いよりも恋愛結婚が増えたことが大きく影響しています。

男女ともに出会いは遅くなり、彼氏彼女の期間が長くなり、晩婚化が進んでいます。

結婚結婚願望のある人は減っていないし、ぴったりの相手を見つければ結婚したいと考える人が増えている今、出会いがないと悩んでいるなら、まずは行動して出会いを見つけることが重要。職業や趣味など、多様化したことで、ぴったりの相手と出会いためには、たくさんの出会いが一番の近道だと思いませんか?
若い世代でも結婚相談所の利用が増えはじめているいま、結婚まで4年も待てない!という方も、カジュアルに婚活してみようと考えている方も、まずは無料体験を利用した婚活をスタートしてみてください。
結婚相談所も多様化しています。あなたにあった出会いの方法がきっと見つかります。

→ 婚活コラム一覧を見る

▲PAGE TOP